武田信玄 4巻

さいとう・たかを 原作:新田次郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

若き日の武田晴信は(のちの信玄)は父信虎を追放し、甲斐の新しい国主となる。晴信は、まず、隣国信濃攻略に着手し、次々と版図をひろげていく。信濃の背後、越後の地に長尾景虎(のちの上杉謙信)がいる。“両雄並び立たず”。晴信は、棒道をつくり、烽火台をつくって、軍備おこたらず、近い将来の長尾景虎との対決にそなえる。さらに、晴信は御仏の弟子となり、御仏をも、わが味方につけんがため、出家薙髮して、信玄の法名を受ける。すべて天下統一して、天下人たらんとする大望のゆえである。

続きを読む
  • 武田信玄 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    武田信玄 全 6 巻

    3,960円(税込)
    39pt獲得

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビューを投稿する
[{"item_id":"A000194442","price":"660"}]

セーフモード