ヴァリエリ伯爵の囚人

サラ・クレイヴン 翻訳:中村美穂

648円(税込)
ポイント 6pt

購入へ進む

カゴに追加

銀行経営者の子息と婚約中のマディはリサーチの仕事を任され、婚約者の反対を押してイタリアに向かう。30年前に姿を消したある女性の行方を追うもので、地元の有力者ヴァリエリ伯爵が面会の手はずを整えてくれるという。だが、伯爵の迎えの車で水を飲んだあと眠気に襲われ、気づくと、マディは見知らぬ館のベッドで若い男性に付き添われていた。伯爵に会いたいと請うマディに、男性は驚くべき言葉を口にする。「君の未来の義父との取引が完了するまで、ここにいてもらう」どういうこと?私を人質として誘拐したの?不敵な笑みを浮かべている彼こそが伯爵だと、マディは気づかず……。

続きを読む

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
  • 2014/02/12Posted by ブクログ

    拉致監禁ものですが、いまひとつブルブル震える緊迫感が足りず、鬼ロマが好きな私としては、期待したほどではなかった。 http://books117117.blog110.fc2.com/blog-en...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2013/12/17Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード