【最新刊】英傑の日本史 激闘織田軍団編 松永久秀

英傑の日本史 激闘織田軍団編

著者:井沢元彦

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    信長に匹敵する「将」の能力をもちながら、最期は日本最初の爆死を遂げるほど毀誉褒貶の多い生涯を送った戦国の梟雄・松永久秀――独自の史観で歴史に斬り込み、織田軍団とその宿敵たちのドラマに迫る!※本電子書籍は、角川文庫『英傑の日本史激闘織田軍団編』を分冊したミニッツブック版(全十二分冊)です。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/27
    連載誌/レーベル
    カドカワ・ミニッツブック
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 英傑の日本史 激闘織田軍団編 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      英傑の日本史 激闘織田軍団編 全 12 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 1巻
      一番乗り
      2021/03/27

      何故 明智光秀が本能寺の変を起こしたか 様々な人が様々な説を立てて主張している。この作品の著者は、明智光秀のインテリとしての心情 に焦点を当てている。確かにそれは一つの要因であろうが、主因は酷使による...

      続きを読む
      名称未設定 さんのレビュー
    • 1巻
      一番乗り
      2021/03/27

      「バカ殿」と名高い織田信雄の評価をコンパクトにまとめている。著者が巻末に記述しているように、血筋で身分役割が決まってしまう社会の悲喜劇の典型例の一人物に挙げられる人であろう。
      逆にそのような身分制の社...

      続きを読む
      名称未設定 さんのレビュー
    • 2巻
      一番乗り
      2021/03/14

      負け組の二人の話である。二人共 武勇は抜群であったが、羽柴秀吉の謀略に破れひげきてきなさいごをとげるというところまで似通っている。とりわけ印象的なのは佐々成政のサラサラ超えのエピソードである。現在の装...

      続きを読む
      名称未設定 さんのレビュー
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード