【最新刊】ささら さや

ささら さや

1冊

著:加納朋子

585円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    事故で夫を失ったサヤは赤ん坊のユウ坊と佐々良の街へ移住する。そこでは不思議な事件が次々に起こる。けれど、その度に亡き夫が他人の姿を借りて助けに来るのだ。そんなサヤに、義姉がユウ坊を養子にしたいと圧力をかけてくる。そしてユウ坊が誘拐された!ゴーストの夫とサヤが永遠の別れを迎えるまでの愛しく切ない日々。連作ミステリ小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/10/11
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    159
    5
    43
    4
    57
    3
    48
    2
    9
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/03/30Posted by ブクログ

      帯に映画化とあり、ガッキーが可愛らしかったので購入。優しい物語でしたね。か弱い妻子の危機に、事故で亡くなった旦那が、他人の身体を借りて助けにくる…と。映画の「ゴースト」とか「ツナグ」みたいな感じですね...

      続きを読む
    • 2018/11/20Posted by ブクログ

      子供が、幼い時に「ゴースト ニューヨークの幻」の映画見て、この本を読みたいと、思いながら、そのままであった。

      手にしてから、夫婦と赤ちゃん連れの平凡な日のスーパーマーケットへの道で、夫が、事故に遭う...

      続きを読む
    • 2018/07/13Posted by ブクログ

      久しぶりの読書。
      久しぶりに読んだ本がこれで良かった。
      少しだけ心が満たされた。

      子供が生まれたばかりのサヤの旦那が、交通事故で突然亡くなってしまい、サヤは息子と2人で遠く離れたささら市に引っ越す。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード