主従の悲恋。一度だけ、して、下さい

江戸屋ぽち

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「柊馬さま……最後にひとつお願いがございます……。私に……柊馬さまの子種を下さいませ……」御蔵家の御曹司、柊馬を子供の時からお世話係として見守ってきたほとんど年齢も変わらないメイドの真綾。ところが、柊馬が真綾にひそかな恋心を抱いたことから、二人は引き離される事となってしまった。泣く柊馬に対し、真綾は「むしろこれでよかったのかも知れません。この先、可愛い姫さまを娶る柊馬さまのお姿を、私はおだやかに見守る自信などありません……」と目を伏せ、お互いの気持ちが通じる。そして……(はなかんむり)

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビューを投稿する
[{"item_id":"A000193001","price":"220"}]

セーフモード