【最新刊】怖くて眠れなくなる科学

怖くて眠れなくなる科学

1冊

著:竹内薫

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ベストセラーサイエンス作家竹内薫が贈る、知ってはいけない!?科学のこわーいはなし。科学には「裏の顔」がある!脳を切除するロボトミー手術や恐怖の人体実験など、科学が暴走したはなしから、強毒性インフルエンザの感染力や隕石による人類絶滅の可能性等のスリリングな科学のはなしまで、文系の人でもホラー小説を読むような感覚で楽しめる、怖い科学の世界へようこそ。本書の目次より自由意志なんて存在しない?/恐怖の実験エトセトラ/脳を切除するロボトミー手術/ギロチンを科学する/ヒトラーが信じた優生学/強毒性インフルエンザの恐怖/普段着で宇宙空間に飛び出したらどうなる?/もし異星人が本当にいたら/本当は足りない?日本の水/権力に近づきすぎたガリレオ/天から鉄槌が降ってくる!/『天使と悪魔』にも登場した反物質爆弾…

    続きを読む
    提供開始日
    2013/10/04
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.2
    14
    5
    1
    4
    4
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      R25 NO310 で紹介されていたので、読んでみた。
      この本より先に、似た?タイトルの本を読んだが、まったく内容が違っていた!

      前半は、怖すぎ。 一部読み飛ばしたところもあるくらい・・・。
       起こ...

      続きを読む
    • 2016/08/17Posted by ブクログ

      眠れなくなるほど怖い、という括りで科学ネタを羅列している。子供向けのような表現があり、対象読者が不明。
      良かったのは、宇宙空間に普段着で出たらどうなるかという件。映画や小説で諸説出ていたのが整理されて...

      続きを読む
    • 2016/07/04Posted by ブクログ

      深くは知らずとも、要点を押さえるだけで「怖い」と感じられる事実は身の回りに一杯あるんですよ!、と教えてくれる一冊。
      「怖い」と感じない、感じなくても構わないと思ってしまうのが一番怖い、ということですね...

      続きを読む
    開く

    セーフモード