【最新刊】長崎・そのときの被爆少女 六五年目の『雅子斃れず』

長崎・そのときの被爆少女 六五年目の『雅子斃れず』

編著:横手一彦

1,408円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1945年8月9日、長崎原爆投下。幸いにも命をとりとめた14歳の少女は、その直後から手記を綴った。手記は、家族の強い思いとともに『雅子斃れず』として出版されたが、そこに至るまでには検閲などさまざまな障害が立ちふさがった…。歴史的価値の高い当時の写真・資料とともに、検閲前の原文を蘇らせ、平和への熱い思いを伝える。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

    続きを読む
    ページ数
    265ページ
    提供開始日
    2013/10/04

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/07/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード