【最新刊】ZERO(下) 【電子版限定特典付き】

ZERO

お得

3冊

著:麻生幾

665円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    【電子限定特典】電子書籍化を記念し、オリジナル短編を収録!峰岸を呑み込む欺瞞と敵意に満ちた世界。様々な罠、裏切りの連続。孤立無援の公安警察官と中国諜報責任者との激闘。日本の機密漏洩者と中国側ディープスロートの正体とは?水面下の戦争が国家に大いなる決断を求める時、男は誇りのため、女は愛のため命を賭ける。逆転に次ぐ逆転、驚異の大どんでん返し。エンターテインメント小説の最高峰!収録短編タイトル:「万灯会~通訳ガイド堂前智恵美」

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.6
    15
    5
    0
    4
    10
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/04Posted by ブクログ

      北京を脱出しランデブーポイントへ急ぐ峰岸を阻止するために朱は大量動員をかけ、ついには新鋭フリゲート艦まで現場海域に送り込んだ。一方、峰岸救出の密命を受けた潜水艦わかしおは、中国大陸棚の浅海を懐深く侵入...

      続きを読む
    • 2018/09/20Posted by ブクログ

      防諜をテーマとして日本人作家が書くと陰惨なイメージとなることが多く、海外の作家のように八面六臂の大活躍という具合にはまずならない。本作品も中国を相手に警察庁、警視庁の外事課公安組織とそのカウンターパー...

      続きを読む
    • 2015/11/01Posted by ブクログ

      日本警察構造の古くからの歴史と実体、複雑な中国関係と壮大なる構想の元展開されるストーリーは若干飛躍しているように感じるが、短時間で小説の中に引き込まれる。代表作の宣戦布告も感動したが、更に上回る作品だ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード