【最新刊】僕の学校の暗殺部3 その日、ロンサム・ジョージは死んだ

僕の学校の暗殺部

3冊

著者:深見真 イラスト:ふゆの春秋

638円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    征矢芽未海と付き合い始めた零士。しかし、二人の間には、まだ裕佳梨の存在が挟まっている。一方、鬼一と晃生の卒業が迫る暗殺部も、何となく落ち着かない空気が漂っていた。そんな時、人の死によって育てられる歪み――〈地域コブ〉の情報が入る。他校の暗殺部が対処に失敗、正袈裟高校が応援部隊とともに敵地に乗り込むが……遭遇した相手は、〈いるか人間〉側についた普通の人間だった!〈いるか〉を介しない、人間同士の殺意が交錯する――。衝撃の第3弾!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/03
    連載誌/レーベル
    ファミ通文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.7
    13
    5
    4
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/03/20Posted by ブクログ

      ごく普通の自分と日常が、人を殺している場面を目撃し
      まったく違う生活に足を踏み入れた。

      なぜそんな部活が!? と思ったのですが
      理由を言われて納得。
      効くか分からないより、効く確率が大きい方がいいで...

      続きを読む
    • 2013/11/10Posted by ブクログ

      分かれる評判にどんなもんかと興味本位で手にとってみたら、真面目に暗殺部をしていた。人間社会の中に密かに憑依し増えていくいるか人間を、目立たぬよう殺していく話。敵の設定はファンタジーだが、暗殺方法はファ...

      続きを読む
    • 2013/11/05Posted by ブクログ

      日課のジョギングの最中に殺しの現場を見てしまった.
      被害者は知らない人,
      そして実行犯はクラスメイト.
      というわけで(?)学校の暗殺部なるヒミツの部活動に入部して
      日夜暗殺活動に励みます.

      なかなか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード