【最新刊】曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き

1冊

著者:近松門左衛門 訳注:諏訪春雄

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    近松門左衛門の世話浄瑠璃初作「曾根崎心中」ほか「冥途の飛脚」「心中天の網島」を収載。江戸の人々を熱狂させた近松の世界を現代語訳で読む。演劇好きなら当時の言葉のままの原文で読むのもおすすめ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/20
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    9
    5
    1
    4
    3
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/09Posted by ブクログ

      有名どころの3編が掲載されています。こなれた現代語訳なのでとても読みやすく臨場感があります。
      元々冥途の飛脚を目的に読んだのですが、自分のメンタリティの関係で、転落していく主人公に対して見てられない感...

      続きを読む
    • 2015/12/09Posted by ブクログ

      近松門左衛門をはじめて読んでみた。
      浄瑠璃の知識もほとんど無く読んだのだが、なかなか面白い。
      文章で読んでこれだけ面白いと感じるのだから、浄瑠璃で観たら更に面白いのではないかと思う。
      所謂「心中物」で...

      続きを読む
    • 2014/10/04Posted by ブクログ

      三谷幸喜の『其礼成心中』を読むに当たり、一応原作(元ネタ?)も読んでみようと思い。

      「曽根崎心中」「冥途の飛脚」「心中天の網島」の三作。
      それぞれ あらすじ、現代語訳、原文が掲載されています。あらす...

      続きを読む
    開く

    セーフモード