世界は宗教で動いてる

橋爪大三郎

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界を読み解くには、宗教が最大の補助線になります。ヨーロッパ人もインド人も中国人も、当人たちは意識していなくても、長い歴史をへたキリスト教、ヒンドゥー教、儒教の発想や行動様式に支配されています。宗教を理解すれば、グローバル世界を読み解く最大の鍵が手に入るのです。――世界の宗教について比較研究を行ってきた著者が、主要な文明ごとに、社会と宗教の深いつながりをわかりやすく解説!

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/11/01Posted by ブクログ

      「宗教には、『自分とは何なのか』という問いが、凝縮されている。人間として生まれただれもが、避けて通ることのできない問いである」(「まえがき」より)

      ヨーロッパ文明とキリスト教。

      宗教改革とアメリカ...

      続きを読む
    • 2013/09/07Posted by ブクログ

      そこにあったあらゆるものが絡み合って今を形作っている、というのがよくわかる

      中国はもしかしたら今の日本からは攻めてこないと思っていて(物理的な距離があるから)それよりも政治を確立させるのを重視して日...

      続きを読む
    • 2020/04/15Posted by ブクログ

      世界の代表的な世界観を4つ紹介してくれる。唯一神・ヒンドゥー・中国・日本の4つだ。それぞれの歴史的背景について概要を知れる。内容をざっくり2つに分割すると、西洋思想と東洋思想に分けられる。

    開く
    [{"item_id":"A000175704","price":"748"}]

    セーフモード