恋愛寫眞 もうひとつの物語

市川拓司

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    市川拓司のもうひとつの名作、待望の電子化!あの『いま、会いにゆきます』よりも好きだという人が数多くいます。堤幸彦氏の映画『恋愛寫眞』との競作として世に出、その後『ただ、君を愛してる』と題して再度映画化され、物語の完成度とともに、恋することの切なさや美しさをリリカルに描いた傑作恋愛小説として話題を呼んだ、市川拓司氏のもう一つの傑作です。物語のラストで語られる名セリフ、「別れはいつだって思いよりも先に来る。それでもみんな微笑みながら言うの。さよなら、またいつか会いましょう。さよなら、またどこかで、って。」の言葉の意味を、ぜひ味わってみてください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/12/18Posted by ブクログ

      久々に恋愛で★5つの作品。写真がものすごく効果的。いいなあ、写真ってやっぱり…と思わせてくれる一冊。
      大学生の誠人と、同じ大学に通う静流。二人は、ふとしたことがきっかけで、急速に仲良しになっていく。静...

      続きを読む
    • 2012/10/22Posted by ブクログ

      再読です。

      この本に出ている人たちは みんな温かい。
      市川さんの本に出てくる人は みんな。。。。だね。

      うっかり好きになってしまった人に お借りした本。
      返せずに 会えなくなってしまって、、、、
      ...

      続きを読む
    • 2012/08/27Posted by ブクログ

      この小説は5年半ほど前に、私は単行本で一度読んだことがあるので、再読になります。


      ***


      これまで当たり前のようにずっと続いてきたことが、ある日を境に、それが突然、当たり前ではなくなる。

      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000175694","price":"627"}]

    セーフモード