満月の夜、モビイ・ディックが

片山恭一

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地方の大学に通う3人が織りなすロード・ムービー風青春恋愛小説!その年は、モーツァルトとバス釣りと家庭崩壊の年だった―。地方の大学生・鯉沼の日々は、同じ学校に通う香澄と出会ってのち、一気に変容する。しかし、その後、彼女との距離感がうまくつかめない鯉沼は、バス釣りの名人で謎の若い絵描き・タケルの運転する水色のフォルクス・ワーゲンに乗って彼女と小旅行に出かけることにするが…。片山恭一が瑞々しい筆致で描く青春恋愛小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/04/27Posted by ブクログ

      主人公は,大学生の鯉沼.

      モーツアルトとバス釣りと家庭崩壊.

      これらは,彼をもっともよく表現する言葉たち.

      この本では,描かれている人との距離感がとっても印象的で,同級生の香澄と出会ってそれが顕...

      続きを読む
    • 2007/08/04Posted by ブクログ

      「多大な労力と情熱が注ぎ込まれているが、何の役にも立たない。それでいて、ずいぶん面白い。」という部分が印象に残ってます。
      そんな風に、役に立たなくても労力と情熱をおしまず注ぎ込めるモノを持ちたいと思っ...

      続きを読む
    • 2010/05/21Posted by ブクログ

      ◆いまひとつ。
      表紙とタイトルにひかれて購入しました。残念。モーツァルトやバスつり、一人よがりな若者。
      内容は全く心に残らなかった。「ノルウェイの森」を読んだ後だからでしょうか。質の高さがまるで違う。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード