瞳さんと

山口治子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    直木賞作家・山口瞳夫人が初めて明かす「本当の瞳さん」。2人は昭和21年に、開設されたばかりの鎌倉の学校で出会った。大恋愛の末、2人は結婚。小さな出版社の編集者だった夫はその後、サントリーの宣伝課に転職する。大企業に入れたことで安穏とした、小市民的な生活を手に入れることができたと妻は安堵していた。ところが、週末の夜に社宅の寝室兼居間で書いていた『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。作家に転身し、安穏とした生活が一転する……。19歳と18歳で出会ったときから別れまでを、妻しか知りえないさまざまなエピソードをまじえつつ、夫がそのとき何を悩み苦しみ、何を喜んだのか――妻の視線で直木賞作家・山口瞳の素顔を綴った。

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/07/21Posted by ブクログ

      山口瞳氏の奥様の聞き書き。ティーンエイジャーの頃からの愛を貫き通した夫婦。病床で誰にもみせてはいけない、捨ててもいけないと書いてきた手紙「ぼくは幸福な夫だ。それからきみは世界でいちばん素敵な夫を持った...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000175613","price":"880"}]

    セーフモード