【最新刊】奈緒子

奈緒子

百瀬しのぶ(著)/坂田信弘(原作)/中原裕(原作)

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    長崎県波切(なみきり)島。奈緒子(なおこ)はその島で、走ることが大好きな少年・雄介と出会った。しかし、船で沖へ出た日、誤って転落した彼女を助けようとして雄介の父が命を落とす。「父ちゃんを返せ!」雄介から詰め寄られ、奈緒子はずっと罪の意識に苦しんでいた。それから六年――。再会した雄介は〈日本海の疾風(かぜ)〉と呼ばれ、高校陸上界のトップランナーになっていた。雄介の走る姿を見ているだけで、奈緒子の胸は高鳴り、熱くなる。伝説の駅伝コミック『奈緒子』原作の映画を完全ノベライズ化!青春の痛みと汗をタスキにして、奈緒子と雄介、ふたりの時間が再び動き出す。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 奈緒子
      2010/02/26

      長崎県波切島。奈緒子はその島で、走ることが大好きな少年・雄介と出会った。しかし、船で沖へ出た日、誤って海に転落した彼女を助けようとして雄介の父が命を落とす。「父ちゃんを返せ!」雄介から詰め寄られ、奈緒...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 奈緒子
      2012/08/28

      「強く風が吹いている」を読んでから、駅伝つながりでこの本も。
      前に、映画もやっていて見に行きましたが、久しぶりに読んでみても面白い。
      奈緒子はその島で、走ることが大好きな少年・雄介と出会った。しかし、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 奈緒子
      2011/06/21

      駅伝というスポーツを通しての友情と、奈緒子と雄介の確執、監督の病気が絡み合っている。
      駅伝の描写は苦しさのなかにも爽やかさが残る。
      奈緒子と雄介との確執ってやっぱり無いとだめ?

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード