すべては海になる

山田あかね

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “愛のわからないかわいそうな子”そう言われたのは、ある雑誌の相談コーナーに援助交際をしていた事実を投稿したときのことである。夏樹は17歳のときからたくさんの男と寝ていた。好きでもない人、ただの友達、友達の彼氏、よく知らない人。そこに何を求めていたのか。当時の彼女には分からなかった。27歳となった今、都内の書店で働いている。“愛”を探しに本へ迷い、書店で働くことを選んだ。しかし、今でも人間関係がうまく築けないでいた。寂しさを紛らわすため、既婚者や出版社の営業の男性と付き合い関係を持つ。だが、心の隙間は埋まらない。ある日、夏樹は店で中年女性の万引きを目撃する。大学教授の妻である彼女の家を訪れた夏樹は、高校生の息子・光治と出会う。学校でのいじめに耐えながら、気丈に崩壊家庭を立て直そうとする光治に、夏樹は強く心を惹かれていく。援交、いじめ、荒れ、DV、セクハラ、主婦症候群……。現代のさまざまな問題に揉まれながらも、もがき進む力強い小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/03/05Posted by ブクログ

      抱かれているあいだだけ、
      誰かに必要とされている気がする、
      っていうのわかる気がする。
      価値基準が自分じゃなくて他人の中にあるからか
      意識がいつもふわふわしていてはっきりしない感じも。
      外枠...

      続きを読む
    • 2012/08/29Posted by ブクログ

      単行本でも読んだが、映画化後の文庫化で加筆修正があったらしいので購入。
      作中作が『小島小鳥の冒険』(映画パンフ参照)かと思ったけれど、変更なし。

    • 2010/01/31Posted by ブクログ

      恋愛依存・セックス依存がテーマの内容。
      映画化もされるという話題作。
      人の心の弱さとは・・・自分につきつけられた感じ。

    開く
    [{"item_id":"A000175533","price":"605"}]

    セーフモード