【最新刊】この国を出よ

この国を出よ

大前研一(著)/柳井正(著)

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この国を出よ!中国がGDPで日本を抜き、韓国ではサムスンやLG電子が業績を伸ばす一方で、我が国は立ち往生している。大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して成功を収めている。2大論客による警世憂国対論集。●主な内容もう黙っていられない――柳井絶望的状況なのに能天気な日本人――柳井「失われた20年」に国民の財産300兆円が失われた――大前今の日本は「ミッドウェー後」とそっくり――大前“ジャパン・パッシング”が本格化している――大前「成功者に厳しい税制」が国力を削ぐ――柳井フリースもヒートテックも「顧客の創造」だった――柳井GEやサムスンは人材育成に1000億円かける――大前「政治家育成」「一院制」「官僚リストラ」の三大改革――大前ほか

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    • 2020/04/14Posted by ブクログ

      6つ大きなテーマを元に大前さんと柳井さんが持論を展開する構成。教育や税制といった国の制度や政策の取り方を他国と比較しながら日本の課題や改善案を述べている。また、ビジネスマン1人1人の問題解決能力が問わ...

      続きを読む
    • 2013/07/15Posted by ブクログ

      大前研一さんのファンです。

      非常に意識(モチベーション)が高くなる対談形式の本作。

      この本に載っているデータを、自分で再度調べてみるとさらに
      読んだ意味が高まるかと思います。

      逆に、著者のバイア...

      続きを読む
    • 2015/06/14Posted by ブクログ

      著名な経済評論家の大前さんと、ユニクロを育ててきた柳井さんが往復書簡のような感じで「今の日本はダメだ。もっと世界に目を向けないと」と訴えている本。こういう本ってやっぱり面白い。正直なところ、お二人には...

      続きを読む
    開く

    セーフモード