原色3人女

蝶々

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    男性を値踏みし石橋を叩きすぎて、高値で売れる「黄金の婚期」を逃しつつあることに焦る輸入会社秘書の紅(べに)。OLから憧れのマスコミ業界に転職したものの、過酷な労働状況&恋愛模様にヘトヘトな女性誌編集者紫織(しおり)。恋人の自殺を機に「世の中お金とパワーでしょ」と覚醒しラジオ局員を辞め、天性の小悪魔気質を生かし銀座ホステスに転身した向日葵(ひまわり)職種も性格もまるで異なる女3人が仕事や恋愛に悩みながら、自分らしい“色”を出せるようになるまでの過程をポップに描いた本作。女性に大人気のエッセイストである著者、初のガールズノベル。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/07/13Posted by ブクログ

      蝶々さんの長編小説。
      んー。楽しかった。

      魂からもりもり元気出てきそうな感じになる小説ってなかなかない。
      蝶々さんならでは!って思った。

      登場人物のひとりである「向日葵」って、蝶々さんとかなりかぶ...

      続きを読む
    • 2009/10/18Posted by ブクログ

      何回も読み返してしまった。さくさく読める。おもしろい。
      女を楽しんで生きるってこういうことかな、という感じがした。

    • 2009/07/11Posted by ブクログ

      これもバイト先で帯見て気になって取り寄せました。
      蝶々…ってファッション誌のコラム読んでる限りじゃ
      特に好きかというとそうでもないんだけど
      これは最後に「あー面白かったな」って思う本でした。
      最後はイ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000175481","price":"858"}]

    セーフモード