歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-

菊地成孔

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    異能の音楽家が綴るエッセイ第二弾21世紀日本を代表するカルチャー・ヒーローとなった菊地成孔が、1996年から2004年の間に書いたさまざまな領域についてのエッセイ・評論をコンパイルし、その合間に新宿歌舞伎町のホテルで過ごした6日間の記録が挿入される、という形式の異色エッセイ。音楽の、文学の、映画の、セックスの、料理の、言語学の、精神分析の、格闘技の、愛と憎しみと生と死の、憂鬱と官能にまみれたアマルガム。饒舌なトリックスターにしてエレガンとアンニュイの司祭、菊地成孔が贈る、『スペインの宇宙食』に続く第二エッセイ集。「2004年4月23日午前7時30分。少なくとも今の僕にとって、地球は新宿歌舞伎町を中心に回っている。あらゆる人々の欲望と、悲しみと、快楽と、絶望と希望を、平然と乗せて」(本書より)

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/11/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      ワタシが愛聴しているラジオ番組『粋な夜電波』のパーソナリティであるジャズサックス奏者・菊地成孔氏が書いた一冊。
      ラジオでは、歌舞伎町在住であるからこそ話せるようなWBO話(悪くてバカで面白いヤツらの話...

      続きを読む
    • 2011/02/07Posted by ブクログ

      散文のまとめに自らがふりかえり、途中途中で解説をつけている。
      スピード感や、存在している場所の違う文章たちが
      不思議な時間軸を形成しており、そこが面白いところである。

      ごはんとふりかけのようなおいし...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000175456","price":"759"}]

    セーフモード