三浦綾子 電子全集 続 氷点(上)

三浦綾子

540円378円(税込)
ポイント 3pt

人間にとっての「ゆるし」とは何かを問いかけるベストセラー『氷点』のその後。自分が殺人犯の娘であると知った陽子は、睡眠薬自殺を図るが、一命を取り留める。意識が戻った陽子に、育ての親である啓造と夏枝は、陽子が殺人犯の娘ではなかったことを告げる。だが同時に、陽子は自分が不義によって生まれた子である事実を知るのだった。潔癖な陽子は、実母への憎しみを募らせていく。そんな陽子に特別な感情を抱く兄の徹は、陽子の実母に接近していき……。1971年(昭和46年)にテレビドラマ化され話題を呼んだ。「三浦綾子電子全集」付録として、随筆「『続氷点』を終って」を収録!

続きを読む
  • 氷点 全 4 巻

    未購入巻をまとめて購入

    氷点 全 4 巻

    1,512円(税込)

レビュー

レビューはありません。

セーフモード