三浦綾子 電子全集 銃口 (上)

三浦綾子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間の本質に迫る三浦文学の最高傑作!昭和元年、北森竜太は、北海道旭川の小学4年生。父親が病気のため納豆売りをする転校生中原芳子に対する担任坂部先生の温かい言葉に心打たれ、竜太は、教師になることを決意する。竜太の家は祖父の代からの質屋。日中戦争が始まった昭和12年、竜太は望んで炭鉱の町の小学校へ赴任する。生徒をいつくしみ、芳子との幸せな愛をはぐくみながら理想に燃える二人の背後に、無気味な足音……それは過酷な運命の序曲だった。「第1回井原西鶴賞」受賞作品。三浦綾子、生前最後の小説。1996年(平成8年)、NHKで「銃口竜太の青春」としてテレビドラマ化され、作品が第14回ATP賞‘97奨励賞を受賞した。

    続きを読む
    • 銃口 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      銃口 全 2 巻

      1,100円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    • 2017/03/12Posted by ブクログ

      感動する小説は世の中に数多あります。
      ただ、打ちのめされる小説に出合うことは滅多にありません。
      打ちのめされました。
      世に言う「北海道綴り方教育連盟事件」を題材にした94年刊行(単行本)の小説です。
      ...

      続きを読む
    • 2016/08/05Posted by ブクログ

      普段は一度読んだ本を読み返す事はほとんどしない私です。
      読みたい本が、文字の通り山の様に積み上がっているので。

      中学生の頃に三浦綾子作品と出会い、強い衝撃を受けました。
      今まで読んできたどの本よりも...

      続きを読む
    • 2017/03/10Posted by ブクログ

      久々に三浦綾子を読みたくなり、本書を手に取りました。
      もっとも、白状すると、三浦綾子の作品で読んだことがあるのは「塩狩峠」だけ(拙宅の書棚には「泥流地帯」「広き迷路」「病めるときも」の3作がありますが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000175083","price":"550"}]

    セーフモード