【最新刊】日本人の魂と新島八重(小学館101新書)

日本人の魂と新島八重(小学館101新書)

櫻井よしこ

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛と義に生きた八重に学ぶ日本人のあり方約150年前、戊辰戦争で会津藩は白虎隊はじめ多数の戦死者を出して敗れた。その時会津城に立てこもり、砲術を指揮し、7連発のスペンサー銃を取って戦った男まさりの女性がいた。敗戦後京に移り、アメリカ帰りの新島襄と結婚し、襄の同志社設立を支えた新島八重である。八重は男尊女卑の遺風が根強く残る明治の世の中で「ハンサムウーマン」として時代の魁となり、晩年は会津の仲間と篤志看護婦として日清、日露戦争時に活躍する。また女性茶道家として名を成す。八重の真の強さ、先進性、献身、チャレンジ精神、そしていくら過酷な敗戦にもめげなかった会津の人々に共感する櫻井よしこ氏が、会津魂と八重の人生から今の日本人が学ぶべき事々に思いを致す。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    レビューコメント(9件)
    • 日本人の魂と新島...
      2016/10/24

      櫻井よしこさんの本ということで。
      新島八重というより会津人の生き様の中に日本人の生き方を示したほんと言えると思います。
      敗戦の中から日本人としての生き方を真摯に捉えて実践してきた会津人。
      僕も日本人と...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 日本人の魂と新島...
      2016/02/21

      会津人としての誇りと武士道。一方で変わりゆく時代。新島八重という、女としても、人としても強い存在を生んだのは、そんな「不易流行」の世界で生きる宿命だったのかもしれない。「ならぬものはならぬ」という武士...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 日本人の魂と新島...
      2013/02/17

      今の日本の「誠」が、幕末の会津のように周辺国に理解されていないという共通性は、多くの読者に課題を与えることになるだろう。そこから更に考えたとき、現在、見えざる手によって世界版の廃藩置県が進行していると...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード