【最新刊】ディズニーの魔法のおそうじ(小学館101新書)

ディズニーの魔法のおそうじ(小学館101新書)

1冊

安孫子薫

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ディズニーのおそうじは驚きと感動だ!東京ディズニーランドは開園30周年を迎えたが、この30年はまさに「おそうじの歴史」だった。TDLは「世界一安全で清潔な場所」をコンセプトにパーク運営を行っている。その清掃、安心、安全管理を行うのがカストーディアル部門だが、著者は開園前にアメリカのディズニーで教習を受け、TDLのカストーディアル部長になり、「ここまでやるか!」を徹底して、TDL流の掃除システムを作り上げた。そのエッセンスは●24時間そうじする●毎晩、夜中は大そうじ●汚れる前にそうじする●担当の境目は作らない●大雨の日も?もちろん!●そこで赤ちゃんがハイハイできるか?こうして「TDLが世界一すばらしい」との評価を得、「リピート率、顧客満足度NO.1」に貢献した。おそうじ(美観)は業績に直結するのだ。ゲストの「満足感」を得るだけでなく「幸福感」まで追求するディズニー。この「おそうじランド」は驚きと感動だ!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    3.3
    6
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/04/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/11/16Posted by ブクログ

      今月の読書会の課題本
      先月、TDLに行く前に読み終え、この本に書かれてある通りなのか
      チェックしようと少し意地悪な気持ちでTDLに向かいました
      正直、この本の通り、全部が全部ではなかったけど、日本国内...

      続きを読む
    • 2013/10/26Posted by ブクログ

      ディズニー内での掃除の仕方、理念についての記載がメイン。
      理念に対しては共感できる面と共感できない面がある。

      最も印象に残った言葉は、アメリカのディズニーの有名な指導者が言った言葉
      「部下に対して問...

      続きを読む
    開く

    セーフモード