快楽でよみとく古典文学(小学館101新書)

大塚ひかり

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学校では教えない、淫らで切ない古典文学古典の教科書に掲載されている文学作品には、もっとすごい話があった!!『源氏物語』『栄花物語』『日本霊異記』『古事記』『万葉集』…名前だけで頭の痛くなるような古典文学作品たち。掛詞や時代の流行など、あらゆる要素を考慮すると、古典文学はがらりとその顔つきを変えていく。倫理観0、ハレンチ系週刊誌も真っ青な「快楽」、「恋愛」、「性愛」がてんこもり。ある人は恋するあまり大便をなめ、ある人は養女や息子の妻にも手を出そうとする。全力で恋してHなことばかり考えていた平安&古代人。彼らの秘められた、おかしくも身につまされるエピソード集を一冊に。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/08/21Posted by ブクログ

      古典文学の内容は好きなのだけど、読み解いたりするのは苦手。
      そんな私にも読みやすくて物凄く面白かった。
      源氏物語が例で多め。色んなものが詰まってるもんね。
      この方が色んな古典を解釈してくださったら、も...

      続きを読む
    • 2019/07/20Posted by ブクログ

      おもしろかった❗
      知ってることも多かったので☆4つだが、文章のテンポがいい。解説と、著者のツッコミが的確で、気持ちいい❗

    • 2019/03/30Posted by ブクログ

      2019/03/26読了


      今とはその価値が大きく違った「性」
      古典文学 主に「源氏物語」からの解説が主となるが
      家や地位のための共寝だとか、恋もダイレクトではなく
      詩と闇の中での手探り状態。
      貴族...

      続きを読む
    開く

    セーフモード