【完結済み】ガガガ文庫 下ネタという概念が存在しない退屈な世界(イラスト完全版)

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

完結

赤城大空(著)/霜月えいと(イラスト)

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バナナは下ネタに入りますか?「お●んぽおおおおおおおおおおぉ!!」少女は叫びながら走り出した。その瞬間、ぼくはすっころんだ。駅のホームに立つすべての人の視線が、バスタオル1枚に身を包んだ彼女に注がれる。「だ、誰かあの人を止めてください!」駅員の制止をものともせず、卑猥な単語とイラストを撒き散らし、暴風のように去っていった彼女。彼女のその行為によって、無実の罪を受けそうになったぼくは救われたのだが……。「大丈夫か?あれ」16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、国民から粗暴な言葉が喪われた時代。国内有数の風紀優良校に入学した主人公・奥間狸吉(おくま・たぬきち)は、入学早々、反社会的組織「SOX」の創設者・華城綾女(かじょう・あやめ)から勧誘を受ける。弱みを握られ「SOX」のメンバーとなった狸吉は、憧れの存在である八面玲瓏な生徒会長・アンナの裏をかく下ネタテロに協力することになるのだが……!そこはプリズン?それとも、ハーレム?『週刊少年サンデー』大好評連載中「ハヤテのごとく!」の畑健二郎先生が審査員を務めた「第6回小学館ライトノベル大賞」にて、優秀賞を受賞したノンストップYトークコメディ!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ライトノベル
    • 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      下ネタという概念が存在しない退屈な世界 全 12 巻

      7,898円(税込)
      78pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(57件)
    • 1巻
      2013/09/11

      下ネタという概念が世界になくても、小説内は下ネタだらけです(笑)

      法律により性的な言葉や表現が禁じられ、少年少女は一般的な赤ちゃんの作り方だとか、男女交際すら知らない感じ。

      主人公は普通の知識を持...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2巻
      2013/01/18

      いやぁ面白い!
      一巻を読んだ時、これは面白いわ!
      今までなかった系統だし。
      でも、マイナーウケで、続巻は出ないだろうなぁ、と思っていた所、
      この二巻が発売されてビックリ!
      そして、読んでみたら、
      内容...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2012/09/02

      これは酷い!!!!(好意的な意味で)
      どうせ軽めの下ネタ連呼する程度でぎゃあぎゃあ騒ぐだけの作品か,たとえば「僕H」とか同賞で特別賞だった「ツインテール」みたいな名前で釣るけど結局主軸はバトルか何かな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード