ガガガ文庫 されど罪人は竜と踊る8 Nowhere Here(イラスト完全版)

浅井ラボ(著)/宮城(イラスト)

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少女アナピヤの悲劇、怒濤破滅の終着へ!自らの強大な咒力に翻弄される謎の美少女アナピヤ。彼女を巡る死闘の末、ガユス、ギギナら一行は、ついに全てが始まった悪魔の巣くう場所・死都メトレーヤに到達する。しかしそれを追い、アナピヤを狙う賞金首の咒式士たちが圧倒的攻撃を仕掛ける。ドラッケン殺しのユラヴィカはギギナとの決着を渇望し迫る。さらに咒式犯罪を追う武装査問官たちが現れ、〈長命竜〉ムブロフスカに〈ベギンレイムの尻尾〉と呼ばれる邪悪な研究者たちが暗躍。かつて角川スニーカー文庫版で語られた物語、その全てを眺めたていた大賢者ヨーカーンは今回の‘二回目の悲劇’を予言し、悲劇の演者たるアナピヤ、ジヴーニャに接触する!――愛を巡る‘二回目の悲劇’がついに完結。アナピヤの絶対的絶望とは何だったのか?アナピヤの愛に応えようとするガユスがやがて知る真の地獄とは?この物語を経た後の「されど罪人は竜と踊る」シリーズは、決して引き返すことのできない悲しみの道を突き進むこととなる!!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    • されど罪人は竜と踊る 全 23 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      されど罪人は竜と踊る 全 23 巻

      19,811円(税込)
      198pt獲得

    レビュー

    • 2010/08/19Posted by ブクログ

      かつて角川スニーカー文庫で追っかけていたけれど、
      諸般の事情により(笑)、ガガガ文庫で加筆再版。
      気にはなっていたけど、やっと読めた。

      一番最初に読んだときに僕が書いた感想を、転載してみよう。

      ...

      続きを読む
    • 2018/01/31Posted by ブクログ

      され竜初の公式アンソロジー。
      今をときめく幼女戦記やリゼロの作者、古株のベテラン作家まで、古今東西からされ竜を愛する執筆陣が集結してます。
      まず読んで驚いたのはされ竜シリーズへの理解。
      特にカルロ・ゼ...

      続きを読む
    • 2009/11/30Posted by ブクログ

      ライトノベルズなはずなのにエログロお耽美、そして難読。
      かなり読者を選ぶ作品とは思いますが一度嵌ると癖になります。

      以前ス○ーカー文庫から出ていたものを今回大幅加筆修正してガガガ文庫で再発行されたも...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000174783","price":"792"}]

    セーフモード