深海のとっても変わった生きもの

著:藤原義弘

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    深海ファン必携!国立科学博物館の特別展「深海」でも展示されたJAMSTEC研究者・藤原義弘の写真を85点掲載。研究者である著者が深海調査船で、また自身の研究室で撮影した、生きたままの深海生物写真のみを載せている。地上で生存させることが難しく、標本撮影に頼ることが多かった深海生物の奇妙で美しい素顔とともに、最先端の深海情報をわかりやすく解説。一読すればあなたも深海生物のとりこに!暗闇なのに派手なハゼ/たった3ミリの吸血ウミクワガタ/虹色のウロコをなぜ落とす/ヌタヌタした“鬼ババ魚”/背中に光感知センサー搭載!/内臓も卵もアシに詰め込む/重さ2キロの巨大ダンゴムシなど

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    7
    5
    0
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/12Posted by ブクログ

      以前読んだ『へんないきもの』の深海版ともいえる。
      全編カラー写真なので、とにかく色がキレイ。
      深海は暗闇の世界なのに、ここまで色鮮やかなのは無駄なエネルギーを使っているような気もするが…。

      グロテス...

      続きを読む
    • 2018/01/04Posted by ブクログ

      写真集。図鑑。深海生物。
      深海らしく、真っ黒なバックに大きな写真、隙間に紹介文。各ページの構成がお洒落。インパクトのある見た目が特徴的な生き物が多いため、大きな写真はありがたい。

      鯨骨生物群集:クジ...

      続きを読む
    • 2015/10/16Posted by ブクログ

      写真見てるとなんだか痒くなるのは私だけか?(笑)不思議というか、ありえないでしょ、それ生きもの?って生物が多いですね。ムカデみたいなのや絡みつきたいって説明文にあったあれとか、無理無理無理!深海では今...

      続きを読む
    開く

    セーフモード