【最新刊】帝国海軍空母大全

帝国海軍空母大全

菊池征男

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    軍艦の一生は人間の一生に匹敵するほどのドラマに満ち満ちている。『赤城』『加賀』『飛龍』をはじめ、帝国海軍が誇る20余の航空母艦の誕生から戦歴そして終焉までを、さまざまなデータ、証言などをもとに活写する。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/20
    連載誌/レーベル
    学研M文庫
    出版社
    学研
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント
    • 帝国海軍空母大全

      かなり久しぶりに再読。戦術的な優位性を示すことができても、戦略性の優位性を覆すことができなかったのが太平洋戦争の海戦だったのだと思う。数の優位性を覆すためには少数精鋭による短期決戦が必要だとは思うがや...

      続きを読む
    • 帝国海軍空母大全

      全般的に面白かったです。しかし、ミッドウエイの敗戦で運命の5分間説を今だにとなえていたり、古過ぎます。あの戦いは、日本海軍のおごりから、負けるべくして負けた戦いです。また誤記も多く、きちんと校正したの...

      続きを読む
    • 帝国海軍空母大全

      「艦これ」の影響を受けて読み始めたこの系統の本、何冊目になるのだろう。今回の本は空母に特化して書かれている。太平洋戦争て活躍した空母はほとんど沈没させられているので、当然のことながら読後感は沈鬱。艦こ...

      続きを読む
    • 帝国海軍空母大全

       筆者は雑誌「丸」の編集に37年携わっていたそうですから、こういった書物を著すには悪くない人選のように思われます。  しかし、実際にはそういった雑誌に関わっていたことによってその間の戦史研究の進捗に遅...

      続きを読む

    セーフモード