日本人はどこで歴史を誤ったのか―帝国日本の悲劇のはじまり

永沢道雄

712円(税込)
ポイント 7pt

歴史の経過は決して単純ではなく、必ずそれぞれ当事者の事情と言い分がある。中国などが“歴史認識”を強調し日本人がしらけたり反発する図式がなおつづいている。歴史はどうなっていたのか。日本が小さな戦争のくり返しを媒介として歩んできた道を客観的にふり返ってみたい。(本書より)

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード