【最新刊】失われた30年 逆転への最後の提言

失われた30年 逆転への最後の提言

金子勝(著)/神野直彦(著)

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何度、同じことを言わせるのか!ズルズルとした対応が続くエネルギー政策。税と社会保障についての相変わらずの弥縫策。TPP交渉参加表明に象徴される「グローバリズム」への安易な追随…。このままでは間違いなく「失われた30年」に突入してしまう。危機の本質を明らかにし、新しい社会や経済システムの全体像を打ち出す緊迫感に満ちた討論。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/20
    連載誌/レーベル
    NHK出版新書
    出版社
    NHK出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2013/01/24Posted by ブクログ

      金子氏の著作,お二人の共著はこれまでも読んできたが,東日本大震災を経た日本社会の今後をどうしていくか,について示唆に富んだ図書である。といっても,金子氏がこれまでの著書で繰り返し指摘してきて,この書で...

      続きを読む
    • 2012/07/21Posted by ブクログ

      政治家、官僚の言っていること
      テレビ、新聞のマスコミが言っていること
      本当の真実なのか、自分で目利きする力を身につけなければならない。
      この本に書いている内容は、なかなか知ることができない。

    • 2014/04/28Posted by ブクログ

      神野直彦氏の本は何冊か読んだが、自由主義、市場万能主義を強烈に批判している。僕も同感だ。自由競争の結果生まれる格差を肯定する事などありえないし、弱肉強食の社会が正しいわけがない。僕がもっとも共感できた...

      続きを読む

    セーフモード