【最新刊】鞄図書館 4巻

鞄図書館

著:芳崎せいむ

794円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

あらゆる書物を所蔵するという、幻の〈鞄図書館〉。喋る鞄と、寡黙な司書。二人が世界を巡り、出会った人たちと繰り広げる温かな交流。今回の鞄図書館、貸し出し本ラインナップは、『戦地の図書館』『鳥』『人形』『僧正殺人事件』『ウィンブルドン』などなど……。ハートウォーミング・コミック登場!

続きを読む
ページ数
270ページ
提供開始日
2018/05/11
  • 鞄図書館 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    鞄図書館 全 4 巻

    2,731円(税込)
    27pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2013/10/10Posted by ブクログ

    (ブクオフにて)
    やっぱ、今日は買わないで帰ろう・・・と、
    手にしていた本を書棚に返そうと歩いていた時、

    ふっと、目に付いた。

    (それ、オモシロイ本だから、家へ連れて帰って読んでみて♪)

    なんて...

    続きを読む
  • 2015/08/30Posted by ブクログ

    荻原魚雷さんの『書生の処世』で紹介されていて、Kindleでダウンロードして読んだ(が、こちらのほうがレビューが多いのでこちらで)。
    すごくおもしろかった。ちょっと翻訳物の短編を読んでいるような、日本...

    続きを読む
  • 2017/01/16Posted by ブクログ

    コングのエピソードは私にはレベルが高くてよくわからなかった。
    他はほんのり心温まる話ばかり。
    鞄が日本びいきなのがいい。箱図書館の性格もいい。こんな友達が私も欲しい。

開く

セーフモード