【最新刊】スノウホワイト

スノウホワイト

1冊

著:諸星大二郎

838円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本漫画界において独自の地位を築く奇才・諸星大二郎。彼が〈ミステリーズ!〉に連載した、モロホシ版グリム童話ともいうべき作品群。広く知られている「白雪姫」にはじまり、「藁と炭とそら豆」など、そんな話があるんだと初めて知るような作品まで、それぞれの話をもとに描かれた全12編の作品が、すこし奇妙で不気味な諸星ワールドへ誘います。巻末には書き下ろし作品や、著者自身のイラスト入り作品解説も収録した、ファン垂涎の1冊。

    続きを読む
    ページ数
    240ページ
    提供開始日
    2013/09/13
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.8
    17
    5
    6
    4
    4
    3
    6
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/07/01Posted by ブクログ

      なんてことなんてことなんてこと!!!
      手塚治虫に「この線は描けない」と言わしめた諸星大二郎が、まさかの「とりかえっ子の話」で火の鳥の完全オマージュをするなんて!! 2006年に!!

      表紙も素晴らしい...

      続きを読む
    • 2018/11/20Posted by ブクログ

      「猟師とおかみさんの話」★★★★「ラプンツェル」SF仕立て。長い髪が介護ロボットのコードで。患者は自分でコードを介してロボットを操作し自分の介護をする。★★★★★「とりかえっこの話」★★★

    • 2018/03/06Posted by ブクログ

      時事ネタがー ううっ
       『コルベス様』の家を襲撃するぬこさんと牝鶏さんはかっこいいです。時事ネタ―
       ソーセージ関係が何となく何回も読ませる。
       他、いいんだけど。うーん。

    開く

    セーフモード