【最新刊】日本人とは何か。(下巻) 神話の世界から近代まで、その行動原理を探る

日本人とは何か。

2冊

著:山本七平

640円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「鎖国は果たしてあったのか」「日本の専制君主はいたのか」「なぜ日本は明治維新に成功したのか」など、下巻では、戦国時代から江戸幕藩体制、幕末に至るまでの動と静の歴史の中から、現代日本に通ずる事柄や人物の背景・思想を克明に解き明かす。明治の急速な近代化の必然性と、現在の経済大国日本を生み出した日本人の行動原理を、日本人自身がたどってきた悠久の歴史に求めた、“山本日本学”の完結篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/13
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/09Posted by ブクログ

      下巻では、キリスト教の受容史から始まり、江戸時代の文化史・技術史・思想史が詳しく解説されています。

      キリスト教受容史では、豊臣秀吉や徳川家康の禁教政策が、ふつう考えられているような宗教弾圧ではなく、...

      続きを読む
    • 2014/02/09Posted by ブクログ

      日本人の精神が形成されるプロセスを、伊達千広の『大勢三転考』の歴史観に従って記述した本。下巻の「解説」を執筆している谷沢栄一によれば、「この本は、山本七平の、最高傑作である」とのこと。

      幕末の紀州藩...

      続きを読む
    • 2012/03/08Posted by ブクログ

      日本人とは何か 下 山本七平 PHP

      キリシタン禁止や弾圧の内容を見ると
      「バテレンはその者の心次第たるべきこと」
      「領主の改教や移動で領民を強制的に改宗させてはならない」とあり
      むしろ仏法...

      続きを読む

    セーフモード