【最新刊】逆境を越えてゆく者へ

逆境を越えてゆく者へ

新渡戸稲造(著)/実業之日本社(編)

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    100年を経ていま甦る、歴史的名著――『修養』『自警』苦しみのうちに前を向いて進んでゆこうとする、すべての人への熱きメッセージと具体的助言。今こそ、すべての日本人が立ち返りたい「新渡戸哲学」の真髄。本書は、新渡戸稲造博士の名著『修養』『自警』から、「苦難の時をいかに生きるか」をテーマとして項目を精選、現代仮名遣いを用いた平易な日本語にして、注や見出しを加えて再編集、新たに編んだものです。明治・大正の人々に大きな感化を与えた新渡戸博士の教えは、今もまったく色あせることはありません。いかに生きていくべきか、いかに困難を乗り越えていくか、そのためには日々、どんな心得を持ち、修養すればいいのかを、新渡戸博士は、すべての世代に向けてあたたかな目線で説いています。私たちが、人生の逆境をどのように乗り越えるか、今こそ、深い示唆を与えてくれる1冊です。東京女子大学学長・眞田雅子氏による「発刊に寄せて」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/13

    レビュー

    • 2012/11/04Posted by ブクログ

      20代の頃に読みたかったな~、という本に時々出会うのですが、これもそいういった内容。


      「自分はこんなに努力しているのに社会はなぜ自分を虐待するのか、なぜ自分を受け入れないのか、という言葉はよく耳に...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      逆境のときは、天が自分の力をためす機会を与えてくれたものだと思って楽しみ、順境のときは決して驕らず、逆境に在ったときを思い出す。そのような認識はあるが、油断しているといつでもその逆で、逆境を恨み、順境...

      続きを読む
    • 2012/03/10Posted by ブクログ

      100年前に書かれた新渡戸稲造先生の「修養」、「自警」。
      困難や苦しみがあっても、心の持ち方によって乗り越えてゆく方法が書かれてあります。新渡戸稲造先生の本を読むといつも元気と勇気をいただきます。

    開く

    セーフモード