【最新刊】売り渡された淑女

売り渡された淑女
1冊

アニー・バロウズ 翻訳:深山ちひろ

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    賭博にうつつを抜かしてすべてを失った父親のせいで、エイミーは悪名高い貴族に売り渡されるはめになった。なんてこと、娘を競りにかけるなんて――おびえて家を飛び出したエイミーは、新聞で見つけた家庭教師の働き口を頼りにヨークシャーへと向かう。迎えに現れたのは、険しい表情を浮かべた暴君のような男性。彼が雇い主のセプティマス・ココランだと知り、エイミーは青ざめた。さらに、伯爵位を継いだばかりの彼が求めているのは、家庭教師ではなく“非の打ちどころのない妻”だと判明する。エイミーは絶望に駆られて彼の館から立ち去ろうとしたが……。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/08/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/03/19Posted by ブクログ

      酷い父親に賭けの対象とされてしまい秘密を抱える薄幸なヒロインと、顔の傷を気にする元海軍大佐の不器用で傷つきやすい内面がいい感じにキュンな、リージェンシーロマ。
      アニー・バロウズらしいキレのいい掛け合い...

      続きを読む
    • 2014/12/22Posted by ブクログ

      もとさんのコミカライズを雑誌で読んで、原作も読みたくなって購入。原作も面白かった!ヒロインが好きなんだけど、その事で葛藤するヒーローは萌える。

    セーフモード