【最新刊】最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇

最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇

川島ルミ子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターを襲った悲劇を語る!マリー・アントワネット、マクシミリアンメキシコ皇帝、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の最期は、処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝、フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは。文庫書き下ろし。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/09/06
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2019/03/22Posted by ブクログ

      文章はやや稚拙な感じが否めなかったけど、エピソード1つ1つは詳しく書かれており、初めて知れたことも多かったので、ハプスブルク好きとしては面白く読めた。

    • 2013/07/31Posted by ブクログ

      最初のうちは面白く読んでいたのに、途中で興味が薄れてしまったようで、なかなかページが進まなくなってしまいました。
      トロトロ読んでいても時間がもったいないので、今回は素直に断念したいと思います。
      いつか...

      続きを読む

    セーフモード