【最新刊】ナホトカ号事故から船首回収まで 重油汚染

ナホトカ号事故から船首回収まで 重油汚染

1冊

編著:福井新聞社

880円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    穏やかな年明けを迎えた1997年、正月が終わった1月7日、日本海で遭難したロシアタンカー「ナホトカ号」の船首は福井県三国町(現坂井市)の海岸に大量の重油とともに漂着した。海岸は真っ黒な重油で埋め尽くされ、強い刺激臭とともに「死の海」になろうとしていた。海を守ろうと県内はもとりより全国からボランティアが集まり手作業で重油をすくい上げた。1月の船首漂着から4月の撤去まで、環境汚染への熱い戦いで日本海がよみがえるまでの記録集。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    128ページ
    提供開始日
    2013/09/06

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード