青天の霹靂

著:劇団ひとり

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学歴もなければ、金もなく、恋人もいない三十五歳の晴夫。一流マジシャンを目指したはずが、十七年間場末のマジックバーから抜け出すことができない。そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る――。人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    87
    5
    9
    4
    32
    3
    39
    2
    5
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2014/01/06Posted by ブクログ

      掃除してたらこの本が出てきて、
      最初の数ページ見たら読んでないことに気づき、
      しばらく読んでから「前に読んでるな」と思い出し(^ ^;

      でも全然内容を覚えていなかったので、
      ときどき「あ、こんな話だ...

      続きを読む
    • 2020/05/07Posted by ブクログ

      久しぶりにほんをよみました。

      自分の生き方について晴夫が考える序盤のシーンで、考えが途中で途切れないのってすごいなって思った。
      普段自分が自分のこと考えるとき、行数にして4〜5行で変な方向に逸れてい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/08/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000172232","price":"517"}]

    セーフモード