【最新刊】猫背の王子

猫背の王子

中山可穂

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた――。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に全生命を賭ける演出家・王寺ミチル。彼女が主催する小劇団は熱狂的なファンに支えられていた。だが、信頼していた仲間の裏切りがミチルからすべてを奪っていく。そして、最後の公演の幕が上がった……。スキャンダラスで切ない青春恋愛小説の傑作。俊英の幻のデビュー作!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/30
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2004/10/18Posted by ブクログ

      <読了日;2004.9.25>
      王寺ミチルが余りにも自分に似すぎていて驚いた。
      流石に、わたしはミチルほどには激しく感情を表せないけれど。
      自分に似ているから、異常なまでに惹かれてしまったのかもしれな...

      続きを読む
    • 2012/11/09Posted by ブクログ

      溺れるように読んだ。破滅していきながらもまだ自分の足で立っているミチルがすごく好きです。
      女の子に優しいたらしの王子さま、舞台では毅然とした女王さま、ひとりになると寂しさを抱えたお姫さまのようで、見て...

      続きを読む
    • 2009/12/05Posted by ブクログ

      コレは面白かった。リアルに。
      いやまぁいつもの如くエロいっちゃぁエロいんだけど、主人公の演劇に対する猛烈な執着がゴリッと書かれてて、本気で応援したくなった。

      まぁ思い出と言えばアレですよ。
      棚差しに...

      続きを読む
    開く

    セーフモード