【最新刊】命の格差は止められるか ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業(小学館101新書)

命の格差は止められるか ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業(小学館101新書)

イチロー・カワチ

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    格差は、負け組も勝ち組も寿命を縮める。ハーバードで世界が熱い視線を送る授業がある。日本人教授イチロー・カワチによる健康格差論の授業だ。先進国の中で寿命が短いアメリカと、世界トップ級の日本。この違いは格差にあった。今、格差の広がりとともに日本の長寿は危機に瀕している。格差はストレスを生み、信頼や絆を損ね、寿命を縮める。人々の命を守るには、日本の長寿を支えてきた、格差が少ない結束の強い社会を守るべき――所得、教育、労働、人間関係…あらゆる側面から格差を分析、新たな長寿への可能性を探る。※【ご注意】この作品には表が多数含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/30
    連載誌/レーベル
    小学館新書

    レビュー

    • 2013/10/16Posted by ブクログ

      日本出身でハーバード大教授の社会疫学者。専門書では翻訳が何冊か出ているが、新書で著者の研究をわかりやすく解説された書籍。米国は医療費を多額にかけながら、低い健康水準であるが、その大きな要因は経済格差で...

      続きを読む
    • 2014/05/24Posted by ブクログ

      医療関係の活動をしている方にはぜひ進めたい一冊

      何故日本が長寿なのか。
      健康意識も医療費も高いアメリカの寿命はなぜ低いのか?

      環境と格差

      格差は絶対に生まれるが、格差が大きいほどすべての階層の人...

      続きを読む
    • 2013/11/28Posted by ブクログ

      社会疫学書は自然科学書と言ってよいか、という問題はあるかもしれないが、ハーヴァード大学で活躍するもう一人のイチローの名著。臨床医学から公衆衛生学に転身して活躍している研究者は何人もいるが、この人の語り...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000171431","price":"550"}]

    セーフモード