【最新刊】万葉秀歌 下

万葉秀歌 下

斎藤茂吉著

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「万葉集入門」として本書の右に出るものはいまだない.万葉の精神をふまえて自己の歌風を確立した一代の歌人たる著者が,約四百の秀歌を選び,簡潔にしてゆきとどいた解説を付して鑑賞の手引きを編んだ.雄渾おおらかな古代の日本人の心にふれることにより,われわれは失われたものを取り戻す.

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/30
    連載誌/レーベル
    岩波新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸
    • 万葉秀歌 下 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      万葉秀歌 下 全 2 巻

      1,672円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    • 2020/05/29Posted by ブクログ

      戦前からのベストセラー。無人島に持っていくならこれだろう。万葉集解説の決定版。

      万葉集の解説本で最大のヒット作だろう。戦前からのロングセラーである。き特攻隊員など明日の身も分からぬ若者たちが読んでい...

      続きを読む
    • 2020/03/27Posted by ブクログ

      この本を読む前に、河野裕子さんの歌集を読みましたが、古語のハンデがあって判りづらさがあるはずなのに、選りすぐりの歌は、やはり圧倒的に素晴らしい。
      梅原猛が「水底の歌」で悪口を書き散らかしていましたが、...

      続きを読む
    • 2019/04/07Posted by ブクログ

      下巻に多く収められている、作者不詳の歌や東歌。
      これがしみじみとよかった。
      特に東歌、おそらく口伝で伝わっていったもの独特の雰囲気があり、また身近に感じられる。

    開く

    セーフモード