表彰制度―会社を変える最強のモチベーション戦略

著:太田肇 著:日本表彰研究所

1,304円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    社長賞、月間VIP、○○○賞……など「表彰制度」について取り上げた初めての経営書。成果主義などに比べて軽く見られてきた「表彰制度」であるが、意外にモラールアップにつながっていることが多い。最近の研究では、金銭的欲求よりも承認欲求が人々を強く動機づけるとされ、この承認欲求を刺激するのに何よりも「表彰」が大きな力を発揮する。本書では、こうした表彰制度をうまく取り入れている成功事例を多数紹介。表彰制度をモチベーションスキルとして戦略的に経営に活かしていくための方法を解説する。給与・賞与に比べ、コストがほとんどかからず効果が絶大であるという利点からも、これからの経営者・人事関係者などにとって必読の内容となっている。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/06/17Posted by ブクログ

      (2014.01.26読了)
      社内の表彰制度を考えるとき、とても参考になります!
      実際に取り入れた部分もあり、役に立ちました。

    • 2013/11/23Posted by ブクログ

      表彰の意味や事例が記されており、参考になった。推薦権利を全社員に与えることで表彰されるべき人を発掘できないか?人財部で足切り後、部長以上の投票とか。若手の非役職者のモチベーションにも繋がるかも。集計は...

      続きを読む
    • 2013/08/09Posted by ブクログ

      読書時間 2時間40分(読書日数 8日)

      日本表彰研究所代表でもある筆者が、企業の表彰制度のあり方について解説した本。
      表彰制度がなぜ必要かについての解説、実践されている企業の取材レポート、そしてレ...

      続きを読む

    セーフモード