デビルズライン 11巻

花田陵

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

母・みどりと話すことで、自身の出生の秘密を知った安斎。オニとヒトの関係について思いをはせる安斎に、みどりはつかさも帯広に来ていると告げる。折しも接近禁止令も解かれ、自由になった二人はようやく再会を果たし、熱い抱擁を交わすのだった。みどりの提案により、2回目の性交渉トレーニングに臨む安斎とつかさ。互いの思いを確認しあいながら、愛を交わす中で安斎にある変化があらわれる……!! ※こちらの商品は2018/3/23~2018/7/31の期間配信していた『デビルズライン (11)【eBookサイン会限定イラスト付】』と、特典以外は同じ電子書籍となります。重複購入にご注意ください。

続きを読む
  • デビルズライン 全 14 巻

    未購入巻をまとめて購入

    デビルズライン 全 14 巻

    9,240円(税込)
    92pt獲得

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/03/30Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/06/07Posted by ブクログ

    この巻までまとめ買い&まとめ読み。
    ここ最近はバトルが少ないせいか、愛の形の模索がテーマになるシーンが多いように思う。しかもマイノリティ。愛しているけれどしたくない。愛せないけれどしたい。愛しているか...

    続きを読む
  • 2018/05/11Posted by ブクログ

    なんかもう話がわからなくて(^_^;)あの議員や医師は何派なの?鬼を主体とした国造りがしたいの?安斎くんの新しい職場のあの中国系の人。菊原やん。どう見たって菊原やろ?ちがうの?

セーフモード