コウノドリ 16巻

鈴ノ木ユウ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

経産婦・秋野さんは、小さい子供がいるため、2人目を産む際に産後の回復が早いVBAC(帝王切開後の経膣分娩)を希望して聖ペルソナ総合医療センターを訪れた。彼女の意思を尊重したい鴻鳥だが、リスクの多い出産を良しとしない四宮と対立してしまう――。

続きを読む
  • コウノドリ 全 31 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    コウノドリ 全 31 巻

    20,482円(税込)
    204pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    今回はVBACも子宮筋腫もまさに自分自身!の巻でした。
    VBACはやってくれるところは少ないし、リスクも確かにあるし、なんだけどやっぱり産後が全然違うよね~。とはいえ、やっぱり医師側からしたら帝王切開...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    テレビドラマ化もされた人気シリーズの第16巻。

    「ペルソナ総合医療センター」の産科を中心に、妊娠出産、赤ちゃんとお母さんを巡る悲喜劇と、主人公サクラ先生を中心とした群像劇が、綿密な取材に基づく圧倒的...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    VBAC、300日規定、子宮筋腫。特に子宮筋腫は身近ながらなかなか厄介だと初めて知りました。私も小さいのあるんだよなぁ…。300日規定は先に読んだ「漂う子」に通じるので何かもう、どうにかならないものか...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001699262","price":"660"}]

セーフモード