涙の誕生日

キャロル・マリネッリ 翻訳:夏木さやか

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夫の死後、七歳の息子と二人で暮らしてきた看護師のフルールは、友人の勧めもあって二年ぶりに職場に復帰する。そのころ病院は、新任のイタリア人医師マリオがいかに魅力的かという話で持ちきりだった。ところがフルールは、復帰一日目にして早くも失態を演じてしまう。蘇生室に運びこまれた患者の様子に夫の最期の姿を重ね合わせ、適切な処置もできないまま、部屋を飛びだしてしまったのだ。事情を知らないマリオは彼女に怒りの目を向けるが、彼がいかに優秀な医師であるかは、徐々にフルールにもわかってくる。欠点と呼べるのは、明らかに彼女を嫌っている点だけ……。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/11/03Posted by ブクログ

      初期作品です。
      オーストラリアが舞台なのだが、イタリア人男性の名前で情熱的な地中海風ロマを描く作者。しかし、初期作品は医療ロマが多く雰囲気がかなり異なります。
      医療ものらしい機敏さのある切れのいい文な...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000170002","price":"550"}]

    セーフモード