【最新刊】壊れるもの

壊れるもの

著:福澤徹三

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大手百貨店に勤める西川英雄は、四十歳をすぎて手に入れた郊外の一軒家で家族三人暮らし。裕福ではないが、大きな不満もない。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望の底なし沼となって男を呑み込んでいく。「やばいとこ住んでるね。“イミチ”って、聞いたことある?」。精神の迷路に踏みこむ、狂気のサイコホラー!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/08/23
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 壊れるもの2017/06/06Posted by ブクログ

      私は行動を起こすのは、非常に苦手です。
      コンビニに行くぐらいなら、割とスムーズにできますが、
      仕事上のことになると、躊躇してしまいます。

       先入観といいましょうか?ついつい先のことを考えてしまって、...

      続きを読む
    • 壊れるもの2009/03/23Posted by ブクログ

      ジャンルはホラーもの。確かに怖いです。。

      中年サラリーマンの疲れた生活が妙に生々しく、現実的でけっこう厳しい描写が多いので

      似たような境遇に立たされている人にとっては読むのが辛いんじゃないかな…と...

      続きを読む
    • 壊れるもの2008/05/11Posted by ブクログ

      大手百貨店の課長職、妻と娘との家族三人暮らし、四十歳をすぎて手に入れた郊外の一軒家。大きな不満はない。ごく一般的な、ささやかな幸せ。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望の底なし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード