人口減少の経済学 少子高齢化がニッポンを救う!

著:原田泰

1,400円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    統計によると、日本の人口は2004年をピークに減少する。多くの人がこの状況に警鐘を鳴らしている。しかし、人口減少こそが豊かさの源であることは歴史が証明している。それなら、これから日本はさらに豊かになるのではないか。本書は、まず人口減少の意味を考える。我々の望みが国全体のパワーなら人口は重要だが、一人ひとりの豊かさを望むなら人口に意味はないのだ。豊かで、活気に満ちた社会実現のために必要な改革とは何かを明らかにすることで、バラ色の未来への途を示していく。目次より◎人口減少社会では、一人ひとりがもっと大事にされる◎人口減少で生産性が上昇し、日本経済は発展する◎働きたい女性・高齢者の参加で、日本経済は一層発展する◎介護の充実・医療の効率化が豊かな高齢化社会をもたらす◎年金改革で高齢社会のコストを下げる、など。根拠なき「日本衰亡論」の迷妄を断ち、繁栄へのニューパラダイムを示す新しい経済学である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/01/19Posted by ブクログ

      今頃読んだー。やや古い本ではあるが、年金問題等今でも十分通用する議論が繰り広げられている。ただ他国がそうだからという理由で人口が減少しながら生産性が上昇するとは限らず、その辺りもう少し踏み込んだ議論が...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000169812","price":"1400"}]

    セーフモード