小説 竹光侍(四)

永福一成

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    松本大洋の人気コミック原作、ついに完結!自らがおこした牢獄での小火騒ぎをきっかけに脱獄した木久地は、瀬能宗一郎暗殺を命じながら自分を売った水内藩の武士たちに復讐をはじめた。木久地の動きにいち早く反応した、江戸の守護者を標榜する御輿大三郎であったが、あえなく討ち死にしてしまう。友の死に、覚悟を決めた宗一郎は、木久地との私闘に決着をつけるべく、木久地の居場所を聞きに水内藩の隠れ家に出向くのだが、そこを木久地に急襲される。三度相まみえる宗一郎と木久地。息をもつかせぬ攻防、その決着やいかに。そして、小藩・水内の行く末や、いかに。「こんな娯楽をやりたくて原作をお願いした」と松本大洋が語る、人気コミック原作書き下ろし時代小説、ついに完結!!

    続きを読む
    • 竹光侍 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      竹光侍 全 4 巻

      2,552円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2011/12/12Posted by ブクログ

      松本大洋によって漫画化された原作のノベライズ。池波正太郎や山本一力の世界観とは全く違う、重くない楽しい笑える、そんな楽しい時代小説。言うなればライト時代ノベルって感じかな。

    • 2012/07/15Posted by ブクログ

      作者が語るように、これは時代劇小説で、痛快ファンタジーでした。宗一郎の飄々とした立ち振る舞いがすてきです。やっぱ時代劇は一件落着めでたやめでたやで終わるのが一番いい。

    • ネタバレ
      2011/08/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001533499","price":"671"}]

    セーフモード