桜のように生きる

青柳健二

108円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    2011年4月、ボランティアで訪れた被災地でふと目にした満開の桜。荒涼とした風景のなかで懸命に生きている被災桜を各地で撮りためた著者は、翌年ふたたび同じ桜を撮影し、写真集『花咲う(はなわらう)』(廣済堂出版社刊、文:玄侑宗久)を発表。そして2013年4月──、三度目の春。帰還困難区域、居住制限区域、非難介助準備区域が入り交じる福島県の被災地を訪れる。その地で遭遇した人々の声にわずかな回復の兆しを感じ、咲き誇る桜が復興にはたす役割を思う。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード