無痛

著:久坂部羊

875円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が……。

    続きを読む
    • 無痛 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      無痛 全 2 巻

      1,752円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3.5
    155
    5
    28
    4
    52
    3
    55
    2
    14
    1
    6
    レビュー投稿
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      著者は医師。医療の現状や刑法第39条について色々思っているのでしょうね。39条については確かに考えさせられることが多い。
      また医者が患者を治すのではない、治るものは治り、治らないものは治らない、という...

      続きを読む
    • 2019/12/08Posted by ブクログ

      読むんじゃなかったと思うほど、全てを遮断したくなるようなおぞましさがあった。刑法三十九条。どう考えて良いものか、真剣に考えてしまう話だった

    • 2019/12/04Posted by ブクログ

      刑法39条に対する強いメッセージ性、問いかけを感じた。罪を犯した神経喪失者や神経喪失者を装った正常者へどう罰を課すか、誰に責任があるか、自分の中ではまだ答えが出ないけど、考えていかなきゃいけない。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード